吉祥寺の塾ならさくら学習院|個別指導・中学受験・高校受験・大学受験|塾,吉祥寺,学習塾,受験塾,個別,武蔵野,中央線,井の頭線

吉祥寺の個別指導塾・さくら学習院では短期間で学校成績のアップを保証します。吉祥寺周辺でお子様の成績でお悩みをもっていて、塾をお探しの方は、一度ご相談下さい。

受付電話番号:0422-23-7707 (14:00~22:00)
吉祥寺・武蔵野市周辺でお子様の成績でお悩みをもっていて、塾をお探しの方は、一度ご相談下さい。

国立高校の英語では◯◯力が必要になります。詳しくは、続きをお読み下さい。

国立高校の英語では◯◯力が必要になります。詳しくは、続きをお読み下さい。

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 国立高校

の出題傾向についてお話していきます。

昨日に続き、今回も【英語】の出題傾向をお話していきましょう。

<文法力>

設問に答える以前に本文や問題文の内容が理解できていることが前提となります。

本文には意味をつかむのに文法力を必要とする英文がたくさん出てきます。
例えば…

so~that…構文
接続詞
不定詞
関係代名詞
文型

など、これらの文法事項の理解は読解に欠かせません。

今年度も

英問英答

が出題されました。

正しい英文を組立てることに必要なのは、当然ですし、
質問を正確に把握し、文法上誤りのない答えの文章を書くためにも、

文法力

が必要になります。

一方で、都立高校という性質上、
高校履修範囲からの出題は

できません。

そこで、文章をより難しくするための工夫として

題材自体の難化
文章量を多くする

というようなことをしている点は、
見落としてはいけません。

さくら学習院
塾長 内山裕崇

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です