吉祥寺の塾ならさくら学習院|個別指導・中学受験・高校受験・大学受験|塾,吉祥寺,学習塾,受験塾,個別,武蔵野,中央線,井の頭線

吉祥寺の個別指導塾・さくら学習院では短期間で学校成績のアップを保証します。吉祥寺周辺でお子様の成績でお悩みをもっていて、塾をお探しの方は、一度ご相談下さい。

受付電話番号:0422-23-7707 (14:00~22:00)
吉祥寺・武蔵野市周辺でお子様の成績でお悩みをもっていて、塾をお探しの方は、一度ご相談下さい。

西高校の融合問題の出題傾向を知っていますか?

西高校の融合問題の出題傾向を知っていますか?

みなさん、こんにちは。

今回も独自問題を出題する
都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 西高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【国語】をお話しましょう。

都立 西高等学校

国語の出題ポイントは、コレだ!

融合問題の攻略!!

今年度の出典は

馬場あき子『歌よみの眼』。

内容的には、「命」を詠んだ西行の和歌を取り上げて、
松尾芭蕉と向井去来の連句を併せて紹介し、生命の根源の力である
「命」について論じています。

大問5でこれらは出題されいますが、
問題で特徴的なのが、従来出題されていなかった

和歌の内容解釈

についての選択式の問題がありました。

今年度の問題に関しては、非常に有名な作品であったため、
覚えていた受験生には有利な問題であったと考えられます。

また、設問形式を整理すると

部分の理解に関する選択式が1問。
「なお」のニュアンスを選ばせる問題が1問。
傍線部の理由説明を記述させる穴埋め形式が1問。
傍線部の内容説明に関する80字の記述問題が1問。

となっていました。

次回は西高校が融合問題でどのような意図を持っているのか、
その辺りを探っていきましょう。

さくら学習院
塾長 内山裕崇

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です