吉祥寺の塾ならさくら学習院|個別指導・中学受験・高校受験・大学受験|塾,吉祥寺,学習塾,受験塾,個別,武蔵野,中央線,井の頭線

吉祥寺の個別指導塾・さくら学習院では短期間で学校成績のアップを保証します。吉祥寺周辺でお子様の成績でお悩みをもっていて、塾をお探しの方は、一度ご相談下さい。

受付電話番号:0422-23-7707 (14:00~22:00)
吉祥寺・武蔵野市周辺でお子様の成績でお悩みをもっていて、塾をお探しの方は、一度ご相談下さい。

都立西高校の国語には問題傾向があります。それは・・・。

都立西高校の国語には問題傾向があります。それは・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も独自問題を出題する
都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 西高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は前回に引き続き【国語】をお話しましょう。

都立 西高等学校

国語の出題ポイントは、コレだ!

論説文読解

昨年の話は昨日のコラムで書いておりますので、
そちらを参照くださいね。

さて、今日はもう少し掘り下げて行きましょう。

設問を詳しく見ていくと…。

部分の理解を選ばせるものが2題。
1問は80字以内の記述問題で、
その他には話題の理解を確認する問題が1問。
本文の進め方に関する問題が1問。
200字の作文問題

という5問の構成でした。

選択式の問題自体の難度はそこまで高くないので、
文章と選択を丁寧に照らし合わせれば、2択まで容易に絞ることができるでしょう。

ただし、話題の理解に関する問1は、

傍線部1の周辺だけでなく、傍線部2の後ろまで読まなくては正解できない

という問題でした。

このパターンは立教新座や早大学院などの
難関私立高校でよく見られます。

読みながら解く

というスタイル問題を説いている子供には、

解答根拠が拾えない

という試験中に絶望しかねないような問題ですので、
きっちりと本文を読んでから、問題を解くようにしましょう。

あと気になるのは、問2。

「虚構」と「未来」の2つの言葉を用いて80字以内で理由を記述する問題。
これは、難しい。

何が難しいかというと

制限字数内で解答例のような表現にまとめること

これが難しいのです。

次回は、西高の過去問から見える傾向についてお話します。

さくら学習院
塾長 内山裕崇

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です