吉祥寺の塾ならさくら学習院|個別指導・中学受験・高校受験・大学受験|塾,吉祥寺,学習塾,受験塾,個別,武蔵野,中央線,井の頭線

吉祥寺の個別指導塾・さくら学習院では短期間で学校成績のアップを保証します。吉祥寺周辺でお子様の成績でお悩みをもっていて、塾をお探しの方は、一度ご相談下さい。

受付電話番号:0422-23-7707 (14:00~22:00)
吉祥寺・武蔵野市周辺でお子様の成績でお悩みをもっていて、塾をお探しの方は、一度ご相談下さい。

都立高校 数学

国立高校の数学の得点ポイントがあります。実は・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 国立高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【数学】の出題傾向をお話していきましょう。

<関数問題の攻略>

大問2は昨年に続き、二次関数とグラフからの出題でした。

問1は直線の四季を求めた上で、x軸との交点を求める点で問題でした。

この問1は

比較的基本を押さえた問題ですので、正解は容易にできるかと思います。

問2

(1)は座標上の台形の面積を求める問題。
(2)は直線m上の点Pのx座標を文字で置いて三角形OBPの免責について方程式を立てるか
もしくは、OBを1辺に持つ面積4平方cmの三角形の等積変形で解く問題でした。

等積変形の場合は、OBに関して、反対側の頂点も忘れずに求めていたかがポイントとなります。

今年度の関数は、過去の入試問題の中で

必ずといたことのある問題

ですので、

全問正解

を目指したいところです。

国立高校の数学の得点ポイントがあります。実は・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 国立高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【数学】の出題傾向をお話していきましょう。

<関数問題の攻略>

大問2は昨年に続き、二次関数とグラフからの出題でした。

問1は直線の四季を求めた上で、x軸との交点を求める点で問題でした。

この問1は

比較的基本を押さえた問題ですので、正解は容易にできるかと思います。

問2

(1)は座標上の台形の面積を求める問題。
(2)は直線m上の点Pのx座標を文字で置いて三角形OBPの免責について方程式を立てるか
もしくは、OBを1辺に持つ面積4平方cmの三角形の等積変形で解く問題でした。

等積変形の場合は、OBに関して、反対側の頂点も忘れずに求めていたかがポイントとなります。

今年度の関数は、過去の入試問題の中で

必ずといたことのある問題

ですので、

全問正解

を目指したいところです。

都立西高校の関数問題のキーポイントは・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も独自問題を出題する
都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 西高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【数学】をお話しましょう。

都立 西高等学校

数学の出題ポイントは、コレだ!

関数!

大問1の問3で反比例の基本問題が出題されました。
合わせて、大問2は今年も二次関数の出題でした。

問題レベルとしては、

普通~やや難

くらいです。
ですから、

しっかりと条件を読み取れれば

正解を得ることは難しくないので、
しっかりと正確に読み取ることを意識しましょう。

大問1の問3も、一見すると

複雑そう

に見えますが、

辺OD上の点Qと点CのY座標が等しいことに気づけば、
簡単に面積を求めることができます。

立川高校の作図問題を落としてはいけない理由があります。実は・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 立川高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【数学】についてお話していきましょう。

<作図と図形の小問集合>

立川高校の大問1には

作図と図形の小問が2問

出題されています(本年度)

昨年はこれらの問題が出題されていませんでしたので、

出題傾向が戻った

と考えられます。

大問1の問6は作図の問題です。

正三角形を使う作図は珍しいものでもなく、
基本を押さえた問題になっていますので、

絶対に正解したい問題

といえます。

ここを落とすと、合格が遠のきますから
来年以降立川高校を受験しようと考えているご家庭は、
その辺りもきっちりと押さえておいてくださいね。

国立高校の数学の得点ポイントをお話します。実は・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 国立高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【数学】の出題傾向をお話していきましょう。

<平面図形・整数・場合の数>

大問1の問3は平行線と錯覚。二等辺三角形の性質を利用する角度の問題。
この問題は

非常に解きやすい問題

なので、必ず正答しておきたい所です。
ここはかなりの正答率なので、不正解だと「差がつく」問題となります。

問4ですが、3けたの平方数の個数を求める問題です。
ポイントとしては

10の2乗から31の2乗が、条件をみたすことに気づけば

容易に解くことができるでしょう。

問5のポイントは、

a、b、cの3つのうちの2つが等しい場合と、
a、b、cの3つとも等しい場合を重複して数えないこと

そして、

三角形の成立条件(三角形の一辺は他の二辺の和よりも短い)に
当てはまらないものを含めないこと

この2点に気づけたかどうかで、正解と不正解の分かれ目にになります。
ですが、

三角形の成立条件を見落とした受験生が多かった。

ですので、ここでは3問中、最低でも2問は正解をしておきたいところです。

都立西高の数学で合否を分けるポイントは・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も独自問題を出題する
都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 西高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【数学】をお話しましょう。

都立 西高等学校

数学の出題ポイントは、コレだ!

図形・確率の独立小問

大問n1の独立小問中に

3題

出題されている。

問4の確率はカードの問題ですが、

サイコロの問題と同様に、5×5の表を書いて数えれば、

簡単に正解が得られます。

問5は

三平方の定理の問題

こちらは平均的な難易度の問題ですので、
是が非でも正解したいところです。

最後の問6は作図。

特別角(45度)を作図するものですが、
これも

45度定規の作り方を思い出す

ことができれば、正解は得られる問題ですね。

問4~6のうち、

2問以上の正解

をしないと、合格点には乗ってこないと思います。
過去問を解いてみて、解けていないようであれば、
早めに対策をすると良いでしょう。

立川高校の数学が気になる方はお読み下さい。

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 立川高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【数学】についてお話していきましょう。

<数と式の計算>

数と式の計算は独立小問で6題で構成されている大問1の中に

3題

も出題されています。

大問1の

問1が混合を含む数の計算
問2が連立方程式
問3が2次方程式

となっており、この問題構成は

ここ数年変わっていません。

これらの問題は独自校であれば、
確実に満点を狙っていきましょう。

ですが、当然のことながら、共通問題に比べれば

難度が難しくなっています

ので、中学校の教科書レベルの問題演習のみでは不十分です。
満点を狙うのであれば、

私立中位~上位校で出題されている問題の演習

をしておくと良いでしょう。
また

確率については一昨年までの形式に戻り、大問として出題された

ので、今後も引き続き、要注意分野です。

国立高校の数学はここが狙い目!

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 国立高校

の出題傾向についてお話していきます。

今日は【数学】の傾向分析を見ていきましょう。

<小問集合>
独立した小問5題で構成されている第1問。

問1では無理数の計算
問2では連立方程式

が出題されました。

この問題は自校作成としては、基本的な問題レベルですので、
確実に正解を狙って下さい。

ですが、そうは言っても自校作成問題。
都立の共通問題とは異なり、多少手間のかかる問題ですので、

教科書レベルの問題演習では不十分

です。

過去には文章題も出題されていますので、
その対策として、

私立中~上位校に出題されている計算問題・文章題の演習

を十分に行なっておいて下さい。

都立西高校の出題傾向を知りたいですか?

みなさん、こんにちは。

今回から新シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 西高校

の出題傾向についてお話していきます。

まずは【数学】からいきましょう。

都立 西高等学校

数学の出題ポイントは、コレだ!

数と式の計算・方程式の独立小問

大問1の

[問1]で混合を含む数の四則計算。
[問2]では、因数分解が出題されました。

今年度は方程式の出題はありませんでした。

どちらも難易度も高いものではないのでですが、
一昨年のように

上位私立高校レベルの出題

も考えられますので、高レベルの問題にも対応できるように
問題演習を通じて、しっかりと対策をとっておきたいもので

数学で証明問題が苦手な方はぜひ読んで下さい。

みなさん、こんにちは。

今回は高校受験のシリーズ

子供が失敗しない受験勉強

をお送りいたします。

今回は

都立高校の数学 その9

についてお話したいと思います。

今回は

作図・証明問題の対策

についてお話したいと思います。

では、さっそくお話ししていきますね。

作図・証明問題は、それほど難しくはありません。
ですが、意外と得点できない生徒さんが多いのも事実です。

その原因は、恐らくコレです。

図・証明を書かない

証明問題は穴埋めではないので、
その手順を理解しておく必要があります。

条件をそろえること

きちんと対応させること

これらに注意して、実際に書くことで練習を重ねていきましょう。

作図の問題では、

垂直二等分線
角の二等分線
水仙の咲く方法

だけでなく、他府県の公立高校の問題も解いておきましょう。

そうすれば、きっとできるようになります。

これがポイントです。