吉祥寺の塾ならさくら学習院|個別指導・中学受験・高校受験・大学受験|塾,吉祥寺,学習塾,受験塾,個別,武蔵野,中央線,井の頭線

吉祥寺の個別指導塾・さくら学習院では短期間で学校成績のアップを保証します。吉祥寺周辺でお子様の成績でお悩みをもっていて、塾をお探しの方は、一度ご相談下さい。

受付電話番号:0422-23-7707 (14:00~22:00)
吉祥寺・武蔵野市周辺でお子様の成績でお悩みをもっていて、塾をお探しの方は、一度ご相談下さい。

活動

立川高校の英語の空欄補充問題のポイントをお話します。実は・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 立川高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【英語】についてお話していきましょう。

<空欄を埋める箇所を本文中から探し出す!>

立川高校の英語は

空欄補充問題が多い

という特徴があります。

今年で言えば、
「本文から抜き出す」という指定があった問題は、3問。

空欄前後に答えのとなる語句がなく、

より広い範囲から探し出さなければならない

問題でした。

このような
空欄補充問題の解答ポイントして、

・空欄前後の文を丁寧に読む
・何(品詞・時制・内容)を入れるかを想定する
・想定した答えの語句を本文中から探す

ということです。

また

「場所」をたずねる問題が多く

出題されています。
ですから、

場所や時間、数字

などのキーワードをチェックしながら、
本文を読み進めるとスムーズに解答できるでしょう。

さくら学習院
塾長 内山裕崇

立川高校の関数の問題を解くにはコツが必要です。そのコツとは・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 立川高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【数学】についてお話していきましょう。

<関数の問題>

立川高校の入試で、関数の問題は

7年連続

で、しかも

二次関数

からの出題でした(大問2)。

関数の問題は、

パターン問題

なので、私立上位校向けの受験勉強を重ねていれば、
それほど解答するのに手間取らなくなるでしょう。

問題の詳細を見ていくと、

問1は、放物線と直線の式から比例定数を求める問題。
問2の(1)は、座標から三角形の面積を求める問題。
(2)は、座標を文字で起き、二次方程式を解けば良いのです。

複数の解法を身につけておくべきす。

ちなみに、

今年の問題の中では、この問題だけ

途中式や計算を書かせる出題形式

となりました。

さくら学習院
塾長 内山裕崇

立川高校の論説文のテーマにはある秘密が隠されています。実は・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 立川高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【国語】についてお話していきましょう。

<説明的文章の読解>

本年度の出典は、外山滋比古の『思考の整理学』でした。

本文の内容的なものは、

詩や俳句の創作を題材にして、
作者が没個性的であることが芸術創作の重要なファクターであるということを述べ、
ひいては私達が発想するという行為も主観や個性を抑えることにより、
自由な思考にたどり着くと主張している。

というものでした。

文化という切り口からの、「個性」や「創造」といった
論説文頻出のテーマの出題であるが、例年よりも論旨がくみ取りやすい印象を受けます。

外山滋比古は論説文問題では、

頻出の作家で

大学受験の現代文の問題にも多く見られます。
そういった意味で、必然的に高校入試にも良く出題されます。

その点で、多くの受験生がこの作家の文章に触れたことがあるだろう。

本校の論説文のテーマはこれまで

科学
哲学
文化

などが出題されています。

本年度も同様で、出題傾向の違いはありませんでした。

今年の設問は、

記述問題が1問(15字以内)
記号選択による設問が3問、
そして、作文が1問

という形式でした。

昨年、一昨年と続いた

多数選択肢から2つの正答を得させる設問

が今年も出題されていて、完全に定着した感があります。

各設問は、例年に比べ、正解しやすい問題で

得点源

にしたいと言えるものばかりでした。

これは裏を返せば、

落としてはいけない問題ばかり

ということであり、その意味では着実に正解を取っていきたい。

作文は、具体的に芸術のの例を挙げるという条件が指定されているもの、
各設問を通して把握した論旨を掴んでおけば、本文の内容を踏まえた
主張に一貫性のある文章を書くことは難しくないでしょう。

さくら学習院
塾長 内山裕崇

西高の対話文には攻略ポイントがあります。それは・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も独自問題を出題する
都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 西高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【英語】をお話しましょう。

都立 西高等学校

英語の出題ポイントは、コレだ!

討論の各発言者の主張をつかめ!!

大問2と大問4の対話文では、

登場人物一人一人の意見をしっかりとつかむ必要

があります。

全ての大問の最後には必ず

内容一致問題

が出題されておりますが、
この2つの対話文では、

Aが○○と言った(×)
→言ったのはB。

Aが△△と言った(×)
→△△の内容がちがう。

というようなポイントで選択肢が作られています。

ですから、

「誰」が「何」を主張しているのか

この点をきっちりと押さえて下さい。
ここをしっかりと押さえれば、高得点を狙えます。

さくら学習院
塾長 内山裕崇

西高校の平面図形は難しいのですが、スラスラ解く方法は必ずあります。それは・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も独自問題を出題する
都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 西高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【数学】をお話しましょう。

都立 西高等学校

数学の出題ポイントは、コレだ!

平面図形の攻略!!

大問3の問1は、

円周角の定理に関する基本問題

ですので、確実に得点しておきたいところです。

問2は

円周角または中心角の比を求めれば良い

という方針は立てられると思うが、これは少々難しい問題ですね。

問3は証明問題で、解答例として公表されている証明でもよいのですが、

円周角の定理より
∠NPM=∠QMNを。ついで∠PMN=∠QNM
を証明した後は、三角形の残りの角が等しいことにより、
∠PNM=∠QMNを示したほうが容易に解けるはずである。

証明問題はどうしても時間を取られてしまうが、公立の中学校の授業で要求されるように
常に丁寧に説明する必要はないので、式の後にかっこを使って理由を簡潔に書くなど、
簡略化した表現も身に付けとおくと時間の節約になる。

さくら学習院
塾長 内山裕崇

西高校の融合問題の出題傾向を知っていますか?

みなさん、こんにちは。

今回も独自問題を出題する
都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 西高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【国語】をお話しましょう。

都立 西高等学校

国語の出題ポイントは、コレだ!

融合問題の攻略!!

今年度の出典は

馬場あき子『歌よみの眼』。

内容的には、「命」を詠んだ西行の和歌を取り上げて、
松尾芭蕉と向井去来の連句を併せて紹介し、生命の根源の力である
「命」について論じています。

大問5でこれらは出題されいますが、
問題で特徴的なのが、従来出題されていなかった

和歌の内容解釈

についての選択式の問題がありました。

今年度の問題に関しては、非常に有名な作品であったため、
覚えていた受験生には有利な問題であったと考えられます。

また、設問形式を整理すると

部分の理解に関する選択式が1問。
「なお」のニュアンスを選ばせる問題が1問。
傍線部の理由説明を記述させる穴埋め形式が1問。
傍線部の内容説明に関する80字の記述問題が1問。

となっていました。

次回は西高校が融合問題でどのような意図を持っているのか、
その辺りを探っていきましょう。

さくら学習院
塾長 内山裕崇

西高校の融合問題には、実はこんな意図があったのです。

みなさん、こんにちは。

今回も独自問題を出題する
都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 西高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【国語】をお話しましょう。

都立 西高等学校

国語の出題ポイントは、コレだ!

融合問題の傾向と出題意図の推察

大問5の出題内容の推移を見ると、

和歌・俳句(韻文)に関する文章
または
『風姿花伝』・『徒然草』といった散文

に関する文章が取り上げられています。

一般的にこの分野の出題は、

古文知識の有無を問う問題

を出題することが多いのですが、
都立西高校の出題を見る限り、

そういった問題を出す意図はない

と思えます。

西高校の融合問題は、古文原文から抜き出しを要求する設問や、
古典常識などの知識を問う設問も、ここ数年出題されていません。
むしろ、

現代文の読解力を問う出題内容です。

題材としては、古典がテーマになっていますが、
学校側が試したいのは

受験生の読解力

なんだと考えられます。

共通問題では和歌の解釈や古文の現代語訳が必ず、
しかも、分かりやすい形で付随していますが、

西高校の問題では、一部の語句に注がついているものの、
文脈から読み取る・察知することが求められるところが、
自校作成問題と共通問題の違いです。

ですので、

現代文に書かれている内容を論理的に丁寧にたどる読解力

コブンと現代文との対応関係を見抜く力

という2つの力が西高校合格のためには必要なのです。

さくら学習院
塾長 内山裕崇

国立高校の英語では◯◯力が必要になります。詳しくは、続きをお読み下さい。

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 国立高校

の出題傾向についてお話していきます。

昨日に続き、今回も【英語】の出題傾向をお話していきましょう。

<文法力>

設問に答える以前に本文や問題文の内容が理解できていることが前提となります。

本文には意味をつかむのに文法力を必要とする英文がたくさん出てきます。
例えば…

so~that…構文
接続詞
不定詞
関係代名詞
文型

など、これらの文法事項の理解は読解に欠かせません。

今年度も

英問英答

が出題されました。

正しい英文を組立てることに必要なのは、当然ですし、
質問を正確に把握し、文法上誤りのない答えの文章を書くためにも、

文法力

が必要になります。

一方で、都立高校という性質上、
高校履修範囲からの出題は

できません。

そこで、文章をより難しくするための工夫として

題材自体の難化
文章量を多くする

というようなことをしている点は、
見落としてはいけません。

さくら学習院
塾長 内山裕崇

国立高校の平面図形問は難しいのですが、合格点を取る方法はあります。

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 国立高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【数学】の出題傾向をお話していきましょう。

<平面図形の攻略>

大問3は問1の証明では結論の

∠ADP=90°をどのように示せばよいか

に気づかないと、書きにくい問題でした。

図形内の直角三角形ABCとの掃除を示すだけで良い

と気づけるかが、正解と不正解の分かれ目でした。

問2では、弧ABが定まっており、
その弧ABの半分の長さとなるタイプの作図で
手が出なかった受験生も多かったのではないでしょうか。

問3は

相似を利用しての線分の長さを求める問題

でした。

私立の上位校の入試問題演習などをしっかりと行なっていれば、
比較的楽に解けたかもしれません。

今年の平面図形は、

他の大問と比べると得点しづらかった

と思われます。
ですので、この大問で時間をかけ過ぎずに、

ある程度で見切りをつけて他の問題でしっかりと点数をとってくる

ことが、合格に近づく方法でしょう。

さくら学習院
塾長 内山裕崇

国立高校の融合問題には気をつけなくてはいけません。なぜなら・・・。

みなさん、こんにちは。

今回も都立高校シリーズ!

独自問題を出題する都立高校にフォーカスをしていきます。

都立の独自校の核心にグングン迫っていますので、
子供に都立高校に進学してもらいたい!というご家庭の方は、
しっかりと読んで心にとどめておいてくださいね。

さて。

今回は、

都立 国立高校

の出題傾向についてお話していきます。

今回は【国語】の出題傾向をお話していきましょう。

<現古融合問題の攻略>

今年の出典は、佐々木健一の『日本的感性』でした。

内容的なものをお話しますと、

和歌の意味は解説文を参考にすれば、
大体その内容はできるものであり、
設問に解答するのに、特段の不都合はありません。

解説文の論旨も複雑なものではないので、
比較的容易に読解できたのではないでしょうか。

小問ごとに詳しく分析してみると、

問1の記述
ここでいう「両者」とは

「名残」と「なつかしさ」

であることが、読み取れたかどうかがポイントです。
また合わせて、

「相補的」

の意味が分かると、その内容も

「変化に対する抵抗」と「変わらないものへの称賛」

が密接な関係であることを見ぬくこともできるでしょう。

問2の記述
歌を解説した次の段落の

「『なつかしい』とは心にぴっったりと適合し、
付着して、そこに留まり続けるような好ましさを言う語である」

という部分に着目できれば、それほど難しい問題ではないでしょう。

全部は取り上げませんでしたが、
特徴的な部分について、お話しておきました。

共通問題の場合、大問5は知識事項を問うような問題が多く、
問題文によっては、

流し読み

で解けてしまう問題が散見されますが、
国立高校の大問5は、

知識問題が例年1題のみ

であるために、油断せず

読解問題を解く時の集中力を保って

取り組むことが合格への道となります。

さくら学習院
塾長 内山裕崇